電動工具と木工機械の販売・修理

会社沿革

会社沿革

・1914年(大正03年) 初代清水由平が小松市竜助町において、林業者、木挽業者向け前挽鋸の販売、刃焼入れ修理及び雁頭鋸の販売、目立屋、として創業、小松の鋸鍛冶屋と呼ばれた。
・1946年(昭和21年) 2代目清水一郎が家業を継承、新たに大工道具、製材機、木工機械の販売、修理を取り扱う。
・1961年(昭和36年) 小松港空博に各種木工機を出展する。
・1969年(昭和44年) 株式会社清水一郎商店を設立、初代社長に清水一郎氏就任。
・1971年(昭和46年) 小松市大領町に木工機械展示センター落成する
・1987年(昭和62年) 本社を竜助町より大領町な9番地へ移転する。
・1988年(昭和63年) 社名を株式会社清水産業に変更する。
・1989年(平成01年) 電装部を新設。工作機用制御版の設計製作を始める。
・1990年(平成02年) 取締役社長清水一郎氏が取締役社長を退任し、取締役相談役に就任。取締役社長に済田ロ一郎が就任する。
・1992年(平成04年) 取締役社長済田ロ一郎が退任し、代表取締役専務として久留美栄治が就任する。
・1993年(平成05年) 電装新工場落成。(1月)
・1995年(平成07年) 代表取締役社長として北村俊成が就任する。
・2003年(平成15年) 代表取締役社長北村俊成が退任し、代表取締役社長に久留美栄治が就任する。

主要取引先(五十音順・敬称略)

・叶野太鼓楽器店 ・あさひ木材
・糾竝闔Y業 ・金沢木材協同組合
・関西荷造工業 ・喜多ハウジング
・北村木箱 ・小松航空自衛隊
・小松市役所 ・コマツ物流
・ジェイ・バス ・巨カ活アート工房
・樺|中建設 ・タガミ機工
・潟gランテックス ・中田建築
・西出建具 ・竃k陸リビング社
・糾ロ良硝子 ・もくもく工房

 

         (他約900社)


ホーム RSS購読 サイトマップ